毎日の生活の中で自分が使って良かったもの実体験レビュー、良い商品レビュー(Good Product Reviews)や気になる新製品についてレビューしていきます。

kirei-kirari

美容

美容と健康に甘酒がダイエットで人気!おいしい飲み方と痩せる効果

更新日:

Pocket

美容と健康に人気の甘酒。最近、TVで紹介されたこともあり注目の「甘酒」大好き!という人もいれば3月3日のひな祭りに飲むものくらいの認識しかない人もいますよね、私は後者のひな祭りのときに飲むものとしか思っていなくてアルコール入ってるし?料理に使うイメージもなく普段飲んだことはありません・・甘酒の成分や効能を調べてみました。

甘酒とは何から作られてる?

原料は「米麹」と「酒粕」の2種類。

「米麹」 米麹を発酵米と麹を発酵させて作る製法、発酵の段階で自然の甘みがでるので砂糖不使用でノンアルコールで出来る。「酒粕」 酒粕を溶かして砂糖を加えた製法、手間暇がかからないため酒粕で作られた甘酒の方が流通は多い。砂糖が入っているのでカロリーは高め、ダイエットには不向き。

アルコールが含まれているので苦手なかたは注意して下さい。

この2種類に分かれるのですが栄養素が豊富なのは、もちろん米麹から作られた甘酒です。

甘酒の成分と効果について

昔から甘酒は「飲む点滴」といわれるくらい栄養が豊富で、江戸時代には夏は冷たく冷やし冬は温めて飲む習慣がありました。体力回復に人気だったようです。「酒粕」そう呼ばれているようです。では主な栄養素と効能は?

ビタミンB1ビタミンB2

ビタミンB6

葉酸

食物繊維

オリゴ糖

システイン

アルギニン

グルタミンなどのアミノ酸

ブドウ糖

<主な効果>

1.疲労回復

甘酒に入っている成分が点滴の成分とほぼ同じであることから「飲む点滴」といわれるくらいなので体力回復ドリンクとして昔から重宝されています。

2.便秘解消

食物繊維やオリゴ糖も豊富なので腸内環境をよくしてくれますので便秘解消につながりますね

 

3.美肌効果

甘酒の原料「麹」にはコウジ酸が多く含まれておりシミの原因となる過剰なメラニンを抑制し、くすみや頭髪にも効果があるといわれています。ビタミンB2には皮膚や粘膜を保護し皮膚を活性化させる効果が期待できます。

4.ダイエット効果

米麹の甘酒は100gで81kcalと低カロリーで脂質の代謝を促進するビタミンBが豊富に含まれているのでダイエットに効果的と言われています。お腹にたまりやすいので食前に飲むことで食べ過ぎの防止になる。

甘酒のおいしい飲み方いろいろ

好きな人はそのまま冷たく冷やすか、温めて飲んでもいいですね

~色んな飲み方紹介♪~

生姜を加える・豆乳で割って飲む・レモンや黒酢を加えるなどなどありますが特におすすめなのが・・

1.フルーツ+甘酒

甘酒+豆乳+バナナ

甘酒+(キウイ+りんご+バナナ)全部入れてもいいし1種類でもOK、冷蔵庫にあるもので!

量はお好みで適当でも案外大丈夫だったりします、ジューサーでガンガン混ぜるかなければすりおろしてもOK!です。簡単なので自分流にアレンジしちゃって下さいね。米麹のノンアルコールの甘酒を使えば子供も飲めるので朝食代わりにもいいですね。

2.カルピス+甘酒

これは気をつけないとダイエットには向かないかもしれませんね、でもカルピスは定番?甘くて美味しいですよ~独特の風味があるので飲みにくいという方は工夫して飲んでみては?

いくら甘酒は栄養が豊富で体に良いとはいえ飲み過ぎはカロリーオーバーになりますので種類にもよりますが、米麹甘酒は1日約200mlを目安に飲むといいですね

<100ml当りのカロリー>

甘酒 81kcal
牛乳 67kcal
調整豆乳 32kcal
カルピス(薄めるタイプ) 46kcal
カルピス(薄めるタイプ)60%オフ 16kcal
カルピスウオーター 46kcal
ゼロカロリーの「カルピス」すっきり 0kcal

牛乳や豆乳はメーカーにより多少の違いはありますので参考までに。

米麹から簡単に甘酒を作ってみる

炊飯器でつくる方法

砂糖を使わず米麹と炊飯器だけで甘酒を作ります!米麹はネットなどでも買えます。

<材料>麹と水は重さで1:2の割合にするといいです。

米麹 300g
600cc

1. 米麹と60℃くらいのお湯を炊飯器に入れます。濡れふきんを挟んでふたを完全に閉めないようにして4~5時間保温する、おすすめはその後保温機能を切って1晩置くとより美味しくなります。(夏場は傷みますので注意)

たったこれだけで、できあがり!超簡単なのでぜひお試しあれ、麹で甘酒を作る場合は温度(50~60℃の温度を保ち続ける)がコツなので気をつけてくださいね

魔法瓶で作る方法

米麹と60℃のお湯を入れて4時間放置するだけ!簡単ですね~

ゆせんで作る方法

チョコレートをゆせんして溶かした事ないですか?お鍋に60℃お湯を入れ、その中にもひとつ小さい鍋かボール(熱に強いボール)を入れ米麹と60℃のお湯を入れます。

ふたをして30分おきくらいに60℃を保つように温度調整します。

4時間ほどたったら火をとめて1晩放置します。

どの方法も簡単ですがポイントは温度ですね~ちなみに作った甘酒は冷蔵庫で保存して早めに飲みきってしまいましょう。

食事の間、間食の代わりや朝食の代わりにもおすすめです。熱中症や夏バテ、体調が悪いときなどに飲むと体力回復に役立ちます~ぜひいろいろ試してみてくださいね。

-美容

Copyright© kirei-kirari , 2018 All Rights Reserved.