毎日の生活の中で自分が使って良かったもの実体験レビュー、良い商品レビュー(Good Product Reviews)や気になる新製品についてレビューしていきます。

kirei-kirari

ニオイケア

デリケートゾーンのお手入れ方法!洗い方と陰毛処理について

投稿日:

Pocket

年齢によってデリケートゾーンへの関心度も違うと思いますが、若いうちからやっておけば年をとっても何もやっていなかった人に比べると格段の差がでます。

デリケートゾーンのニオイや黒ずみはどの年代も気になる部分かなと思いますが、この部分のニオイや黒ずみをセルフで完全に無くす事は難しいです。

日常生活で気を付けることを意識するだけでニオイが改善したり、黒ずみの進行を遅らせる事はできます。

デリケートゾーン対策!日常生活で気を付けること

ココに注意

・トイレ後は強く拭き取らない

・お風呂でゴシゴシ洗わない

・デリケートゾーンが圧迫されるような下着やボトムを履かない

・長時間座る事がある時は柔らかいクッションなどを置く。

簡単に言えば、デリケートゾーンに圧力を加えないということです。

メラニンは本来は肌を守るために存在してますが、圧迫されると肌を守るためにシミの元を作り出してしまいます。それを作り出させないためにも、極力圧力を加えない!

これらを守るだけでも、数十年後のデリケートゾーンは明らかに違ってきます。

またニオイも気になるところですよね。特に夏場は汗をかいたり、下着で蒸れてニオイが気になる方も多いと思います。

ふだんどういう洗い方をしているかというのもニオイに関係してきます。

 デリケートゾーンの洗い方

デリケートゾーンには人間が元から持っている菌が存在するため、石鹸やボディソープなどで洗ってしまうと、悪い菌と良い菌のバランスが崩れ、痒みやかぶれを起こしてしまいます。

お湯だけで洗うのが心許ない場合には必ずデリケートゾーン専用の石鹸で洗うことをお勧めします。

洗い方で気をつける点として、爪は短く切るのが一番いいのですがネイルをしている人は、必ず先に手洗いをして清潔な状態でデリケートゾーンを洗います。爪の中まで意識して洗って下さい。

単に表面を擦ればいいのではなく、デリケートゾーンから肛門へと、間違っても肛門からデリケートゾーンへ戻らないようにしてます。

また小陰茎と大陰茎の境目はとくに恥垢が溜まりやすいので、強く擦ることなくデリケートゾーン専用の石鹸を泡立てて優しく洗い流すのがおすすめ。

陰核は通常は皮がかぶった状態のため、毎日ではなくても皮をめくりそこに溜まった恥垢もシャワーのみで洗い流してます。

常日頃から丁寧に洗っていると下着にも汚れがつきにくく、目で確認しにくい場所だからこそ手で触れたときの異常に気付きやすくなると思います。

 デリケートゾーン の保湿の仕方

 

お風呂上がりにまだ皮膚がしっとりとしている間にサラサラタイプの保湿液をつけ、それを蒸発させないようにフタをする意味でしっとりとしたタイプの保湿剤やクリームを足の付け根やデリケートゾーンの粘膜周辺につけてます。

特に下着のあたる足の付け根部分は保湿をしっかりしておかないと、黒ずんできますので入念に手入れを行なっております。

また粘膜周辺にサラサラタイプを使ってしまうと粘膜に入り込む恐れがあるので、そこはしっとりタイプの保湿剤やクリームだけをつけてます。

粘膜に直接つけてしまうとかぶれたりただれたりする可能性があるので、デリケートゾーンに使えますと書いてある保湿剤やクリームでも必ず粘膜周辺までに留めてます。

その後は通気性の良い下着をはき、乾燥や蒸れを防ぐようにしてます。

 デリケートゾーン 陰毛の処理の仕方

やっと最近になって陰毛のお手入れをする人たちが増えてきたため、ドラッグストアや量販店でもヒートカッターが数多く置かれるようになりました。

ハイジニーナ脱毛などもありますね。完全に脱毛すれば別ですが、残している場合は量は少なくなっても毛は伸びてきますので、そんなときにヒートカッターで短く切り揃えます。

剃ったり抜いたりする人もいますが、肌へのダメージがひどく、埋没毛が出来たり毛穴が炎症を起こす危険性があります。

見た目にも汚なくなりますので剃る・抜くなどは絶対にやめましょう。

脱毛までしなくてもヒートカッターで毛を短く切り揃えるだけでも生理中の蒸れや不快な臭いを軽減する事ができるので、脱毛は恥ずかしいと思ってる人にもお勧めの処理方法です。

ヒートカッターなら皮膚に熱が伝わる事もなく、火傷の心配もないので安心して使えます。

外出先でも使えるような防水タイプのもありますし、今は本当に多種多様なヒートカッターがありますので、自分に合ったのを見つけれると思います。

-ニオイケア

Copyright© kirei-kirari , 2018 All Rights Reserved.