毎日の生活の中で自分が使って良かったもの実体験レビュー、良い商品レビュー(Good Product Reviews)や気になる新製品についてレビューしていきます。

kirei-kirari

スキンケア

どうして人は日焼けするの?日焼け対策は?

投稿日:

Pocket

 

◆日焼けは肌が焼けている?

女性アスリートの小麦色と言われる日焼けした肌って魅力的ですよね。

女性たちの美肌や美白志向が全盛期の今の日本ですが、小麦肌の魅力もなくなったわけではありません。

どうして人は日焼けして肌の色が変化するのでしょうか?

厳密にいうと人間の肌細胞は太陽から発せられる紫外線により火傷しています。

火傷と言われると肌が凄いダメージを受けているように感じますが肌の色が変化するのは人間の身体を守る為なのでそこまで心配はいりません。

どうして紫外線により日焼けして肌の色が変化するのか?日焼けのメカニズムを知りたいと思います。

▽紫外線による日焼けのメカニズムとは?

日焼けにも種類があり、肌が真っ赤になってヒリヒリ痛く感じたり、水膨れになる「サンバーン」と肌が黒くなる「サンタン」があります。

紫外線は波長の長さにより長い方から「A波(UV-A)」「B波(UV-B)」「C波(UV-C)」に分類されています。

UV-C波は波長が短くほとんどはオゾン層で遮断され地上まで届かないので、日焼けに関わるのは主にA波(UV-A)とB波(UV-B)になります。

肌の一番の表面に位置する4層からなる表皮の角質層が紫外線のB波(UV-B)をブロックします。

しかしB波(UV-B)は刺激が強いので、肌の表面の角質細胞を傷つけたり炎症を起こして、水膨れなどの「サンバーン」の原因になります。

A波(UV-A)は角質層でブロックする事ができず表皮層より内側の真皮層まで到達してしまいます。

A波(UV-A)が表皮の下層にある色素細胞「メラノサイト」に届くと、紫外線を浴びたメラノサイトがチロシナーゼ活性酵素を生成します。

このチロシナーゼ活性酵素とメラノサイトが蓄えているアミノ酸であるチロシンと結合しメラニン色素を作り出します。

このメラニン色素が肌を黒くすることにより紫外線が反射され皮膚の内部まで紫外線が届かないようにブロックしているのです。

太陽の紫外線から皮膚の内部を守る為に肌細胞が褐色しているのがわかりました。これが日焼けにより肌の色が小麦色に変化するメカニズムです。

日焼けにより肌の色が変化する事自体は何も問題ありませんが紫外線を浴び続けるとB波(UV-B)の強い刺激より

肌の痛みや水膨れが酷くなるのでしっかり日焼け止めを塗るなどの対策が必要です。

◆有効な日焼け対策は?

▽有効な日焼け止めとは?

小麦色に肌を焼きたい人もいると思いますが日焼けのせいで肌が痛くなったり水膨れになるのは避けたいですよね。

痛みを無くしたければ良い日焼け止めを使うことが重要になります。

日焼け止めを選ぶ際に参考なるのは「SPF」という紫外線防御指数です。

SPFは紫外線を浴びてできる皮膚の赤い斑点ができる時間をどれだけ長く出来るかを表した数値です。

SPFが30だと通常の日焼けの約30倍の時間、紫外線から肌を守ることが出来ます。

紫外線のB波(UV-B)はとても刺激が強いのでSPFが表示されている日焼け止めを塗らないとほとんどの方が肌の痛みが出てきます。

日焼け止めを塗っても長時間強い紫外線を浴びたり、しっかり身体の隅々まで塗れてないと肌の痛みを感じてしまいます。

▽日焼けしてしまったあとの対処法

日焼け止めを塗るなど対策をしていても海などで夢中になって遊んでいたら日焼けしてしまったという場合もあると思います。

そういった場合には、しっかり睡眠を取る事でその間に成長ホルモンが分泌されダメージを受けた肌が新陳代謝によりまた新しい肌に生まれ変わります。

より効果的なのはPM10:00からAM2:00の間に睡眠を取る事です。

他にも日焼けにより炎症している肌をしっかり冷水や濡れタオルで冷やしたり、

女性なら日焼けにより炎症して乾燥している肌に対して刺激の少なくて保湿効果の高い化粧水を使うと効果的です。

水分を補給しても日焼けによる炎症で傷ついたばかりの肌は水分が逃げていきやすいので油分が含まれているクリームや乳液も使用すると更に効果的です。

▽日焼け後にしてはいけないNG事項

・氷や冷却剤を直接肌にあて冷やそうとする
逆に肌が凍傷になってしまいます。タオルなどなにかの布で包んでから肌にあててください。

・刺激の強い化粧品を使う
日焼けしたばかりなので肌の色を戻そうと美白関連の化粧品を使いたくなるといると思いますが、
日焼けで傷ついたばかりの肌には控えてください。あと化粧水を肌に馴染ませる時には強く叩きつけるのでなくゆっくり押し込むようにしましょう。

・日焼けでめくれた肌を自分で剥がす
自分で剥がそうとすると健康な肌まで一緒に剥がれて肌が更に傷ついてしまう事があるので
肌の自然回復を待ちましょう。剥がれている部分だけハサミで切り取るならOKです。

-スキンケア

Copyright© kirei-kirari , 2018 All Rights Reserved.